インド:アーユルヴェーダ

広く知られている方法

アーユルヴェーダは、様々なハーブを使用して行っていく美容法となっており、状態に合わせながらハーブを選んでいくというのが大きな特徴です。
お肌を美しくするのはもちろんですが、その他にも精神的なリラックス効果などを持っているため施術を受けながら本当に気分も落ち着き、心地よいものだといわれています。
アユールヴェーダそのものは非常に古い時代から用いられていた方法で、近年ではインドだけではなく日本にもこうした施術を受けられるようなサロンが増えてきました。

ハーブを使用したオイルを使って施術を行うこともあり、施術を受けている間はお肌がポカポカと暖かくなり、血行が促進されている時間があるというのも大きな特徴の一つです。
美容法として用いられている以外にも予防医療や代替医療としても活用されており、インドでは伝統医学の一つとして扱われています。

日本にあるサロンは現地の方が働いているところもあれば、日本人が現地に足を運び本格的な施術方法を習得したと言う場合もありますが、どちらにしても悩みに合わせながら複数のハーブを使用して効果が得られるものとなっています。

自分の体質を知る

この施術を行う前に多くのサロンではいくつかの質問の中から自分に当てはまるものを選択するようになっています。
これはなぜかというと、そこで導き出されたチェック項目から体質もある程度分析するためとなっており、体質に合わせた施術が行われています。
基本的には前述の通りオイルを使用したトリートメントを行っていきますが、その他にもデトックスをするために発汗作用のある方法で施術を行うことや、全身をトリートメントしながら特に気になる一部を温め、目に見えない所の老廃物を取り除くようなことまで可能になっています。

体だけではなく、頭皮のマッサージなども行いますので、これまでに感じたことのない大きなリラックスを感じると言う人もたくさんおり、なんとなくストレスを感じた時にも施術を受けることによって精神的に楽になるような特徴があります。
オイルそのものは基本的に暖めて使用するため冷たく感じてしまうようなこともなく、施術を行うスタッフが柔らかい手つきで全身のマッサージを行ってくれるため、フェイシャルだけではなく全身が美しくなっていきます。

単純に美しくなることを目的としているだけではなく、医学を含んだ方法となっているため個人個人に合わせながらハーブを選択し、施術が行われています。
数え切れない程沢山のハーブをその時の状態に合わせながら選択して丁寧なトリートメントを受けることにより、香りもよく心身ともにリラックスできるのでとても人気があります。
ゆっくり時間をかけたトリートメントは緊張感を持つこともなく非常に満たされる時間になります。

Comments are closed.